+86-755-23595309

「チップ」市場:民生用電子機器から自動車用電子機器まで

2022-04-29
訪問数:1867
ソース:江苏润石

最近、IC Insights が発表した最新の報告書によると、2021 年にアナログ チップの売上が 30% 急増した後、アナログ チップは 2022 年に再び 2 桁の成長を遂げると予想されています。報告書によると、2022 年のアナログ チップの総売上高は 12% 増加して 832 億ドルになり、出荷台数は 11% 増加して 2,387 億個になると予想され、アナログチップの平均販売価格は 0.35ドルに上昇します。同報告書によると、2022 年には、ICInsights が追跡しているすべての主要な汎用アナログ及びアプリケーション固有のアナログ市場種類で、売上が増加すると予想されています。具体的には、アンプとコンパレータが 7%増加し、自動車固有のアナログ ICが 17% 増加すると予想されています。


图片.png

 2022年のアナログIC売上予測 (出典: IC Insights)


 

IC Insightsの分析によると、民生用電子機器に加えて、自動車市場は、今後アナログチップ市場で最も急速に成長するセグメントの1 つであり、アナログチップの成長の主な原動力となるでしょう。

 

「チップ」市場: 新エネルギー市場の台頭

電気自動車の下流需要の発展を受けて、自動車エレクトロニクスは急速に成長し、専用アナログチップの市場シェアは16.6% で、アナログチップの2番目に大きな下流の応用分野になりました。


中国自動車工業会のデータによると、2021年以降、わが国の新エネルギー車の月間販売台数は予想を上回っており、新エネルギー車の年間販売台数は約340万台と予想されており、前年比で約150%増加しています。これはただの始まりであり、今後数年間で、わが国の新エネルギー車の売上は急速に発展し、普及率は2020年の5.4%から2025年の46%にまでもしくはその以上増加します。現在、ほとんどの予測会社は、わが国の新エネルギー車の販売台数が2022年に510万から550万台になると予測しており、一部の予測会社は600万台以上の自動車販売台数を見込み、50%以上の急速な成長を維持し続けると予測しているそうです。


图片.png

 

従来の自動車と比較して、電気自動車におけるアナログチップの需要は、電動化とインテリジェンスによって促進されています。パワーシステム、自動運転、車載エンターテイメント、ボディエレクトロニクス、照明など複数の電気エネルギー変換が必要です。バッテリ管理システムソリューションでは、通常の DC-DCコンバータとLDO降圧デバイスに加えて、電気自動車のバッテリパックの電圧が400V以上になる可能性があるため、回路のより優れた絶縁設計も必要です。このプロセスでは、多数のアナログデバイスを使用するようになり、車両1台あたりのチップの需要は、従来の車両1台あたり600~700チップから、車両1台あたり1,500チップ以上までに増加します。スマート運転におけるセンサーの需要も、アナログチップ市場の発展を促進しています。


自動車のコックピット、パワー、及びボディ部分の重要な部分として、アナログチップは、電気自動車の普及が加速するにつれて価値が高まり、業界の裾野がさらに広がるでしょう。


車載グレード規格:自動車のためだけではない

2019年下半期から、江蘇潤石は新エネルギー車事業を重点に置き始めました。新エネルギー車の顧客のニーズを満たすために、自動車グレードの製品の研究開発と生産を全力に促進し、世界一流の車載グレードメーカーのNXP及びTIと同じレベルの製造プロセス、材料、関連プロセスを採用しました。IATF16949認定を持ち、国際Tier 1の自動車電子機器大手メーカーへの製造経験を持つウェーハ及びパッケージングメーカーと協力を深め、AEC-Q100準拠の自動車グレードの製品を取り入れています。同時に国際的な独立した第三者試験、検査、認証機関であるドイツのTÜV Rheinland(テュフラインランド)が主導したISO26262機能安全プロセス認証システムを実施しています。


品質管理の面では、DQEからSQE、CQE、QSへと、品質仕様を確立し、品質管理システムを実施・維持し、品質管理を通じて製品の製造設計、試験設計、信頼性検証を改善し、製品の品質保証を実現して、自動車用電子機器事業の展開へより強力なサポートを提供しています!

图片.png

 

AEC-Q100車載グレードの認証であろうと、ISO26262機能安全プロセス認証システムの導入であろうと、自動車市場でのアプリケーションを満たすだけでなく、より厳格な潤石品質管理システムを構築することであり、潤石はより高い品質と品質管理レベルを追求し続け、品質管理の新しい段階へと歩んでいきます。


アップグレード: 民生用電子機器から自動車用電子機器へ

江蘇潤石は、高性能、高品質のアナログ/ミックスドシグナル集積回路製品の研究開発と設計に重点を置いており、現在、複数の種類のチップの設計と開発を完了しており、過去の急速な成長段階では、製品は主にコンシューマーエレクトロニクスの分野で使用されていましたが、かつては低ノイズのオペアンプ、通常のアナログスイッチなどがコンシューマー市場に主に依存しており、売上の大きな割合を占めていました。


图片.png

 


しかし、2020年以降、民生用電子機器市場に一定の影響を与えたコロナにより、潤石は時期を見据えて、製品と市場戦略を調整し、産業、医療、新エネルギー車のエレクトロニクスの分野に切り込むためにあらゆる努力をしました。


業界をリードする顧客による一連の厳格なテストと厳格な認証を取得した後、各シリーズの製品が、新エネルギー、自動車用電子機器、産業用制御システム、医療などの多くの分野に徐々に適用されています。2021年末までに、江蘇潤石の新エネルギー車関連アプリケーションの売上高は数千万元に達し、2022年には新エネルギー車エレクトロニクス関連市場が同社の主な収入源になると予想されます。