+86-755-23595309

江蘇潤石は新エネルギー市場を開発し、国内のアナログチップ業界をリード

2022-03-21
訪問数:2592
ソース:

はじめに

「新エネルギー車の分野では、江蘇潤石科技有限公司は国内の他のアナログ チップメーカーよりも速い布石を行いました。2021 年末までに、国内の主要な新エネルギー車メーカーの売上は数千万元に達しました。さらに、新エネルギー車の顧客のニーズを満たすために、江蘇潤石は、世界一流の自動車メーカー NXP 及び TI と同じレベルのプロセス、材料、及び関連プロセスを採用しています。IATF16949 認定を持ち、国際Tier1車載用電子機器製造経験を持つウェーハ及びパッケージング・テストメーカーと協力し、AEC-Q100 準拠の自動車グレード製品を導入すると同時に、ISO 26262 機能安全プロセスシステム認証を推進しています。」


現在、カーボンピーキングとカーボンニュートラルの達成は、新エネルギー分野の構築の原動力となっています。国のエネルギー安全保障は、風力発電、太陽光発電、エネルギー貯蔵、充電パイル、新エネルギー車などの分野を促進し、国内のアナログチップの需要を高めています。現在、多くの国内のアナログ半導体企業が新エネルギー市場への参入を発表しており、江蘇潤石はすでに新エネルギー市場に参入し、国内のアナログ半導体業界をリードしています。


图片1.jpg 


新エネルギー車

ここ数年、イノベーション主導と消費アップグレードの重ね合わせにより、知能化の発展が世界の自動車産業の明確な方向性の1つになっていますが、知能自動車産業はまだ成長の初期段階にあり、中国の新エネルギー車は大幅に成長しています。IDCのデータによると、2020~2025年、エネルギー車の複合成長率は129.71%に達すると見込まれています。


自動車の電動化と知能化により、自転車用の電源管理ICとシグナル チェーンICの需要が大幅に増加し、自動車用チップにおける自動車グレードのアナログチップの割合が継続的に増加しております。2024年には市場シェアは76億4000万米ドルに達する見込みです。そのうち、自動車用チップの割合は、2020年の14.65%から17.84%に増加すると予測されています。


先進運転支援システム(ADAS)/自動運転、インテリジェント ネットワーキング、インテリジェントコックピットの急速な発展に伴い、自動車の「機能端末」から「インテリジェント端末」への変換は、センサー、ハードウェア管理、人間とコンピューターの相互作用、インターネット接続、AIコンピューティング、及びデータ処理のニーズをもたらしてきました。現段階では、新エネルギー車向けのアナログチップの需要は、主にパワーシステム、自動運転、車載エンターテイメント、インストルメントパネル、ボディエレクトロニクス、照明などの電化とインテリジェンスによって促進されます。応用シーンから見て、新エネルギー車にはPHEVとBEVが含まれ、パワートレイン部分には主にモーターコントローラー、OBC、DC/DC、BMS などが含まれます。同時に、インテリジェントな運転におけるセンサーの需要もアナログチップ市場の発展を促進します。市場規模の拡大は、国内のアナログ半導体企業に新たな市場機会をもたらし、2021年末までに、国内の主要な新エネルギー車メーカーにおける江蘇潤石の売上高は数千万元に達しました。

图片2.jpg 

 

風力発電と太陽光発電

現在、「カーボンピーキングとカーボンニュートラル」のトレンドの下で、中国の新エネルギー技術は世界をリードしています。「2021年の風力発電及び太陽光発電の開発と建設に関連する事項についての国家エネルギー局の通知」では、保障性発電と送電、市場化発電と送電など多様な保障体制を構築すると明確に示されています。各業界にエネルギー供給側と需要側から変革を加速させることを促しました。風力と太陽エネルギーが中国のエネルギーシステムの中心になると予想されています。


新エネルギーの主力の1つとして、風力発電は2021年も高い景気を保ち続けました。2021年末までに、中国の風力発電の新規設置容量は23,328MW(暫定データ)に達し、中国の風力発電の総設置容量は168,690MW(暫定データ)に達し、風力発電の設置容量は年間を通じて1934万キロワット (暫定データ) の増加となります。大規模な集中開発の形で、風力発電所の設立がより集中的になるでしょう。


2021年6月30日現在、中国の太陽光発電の累積設置容量は267GWに達し、10年間で8800%の増加でした。分散型太陽エネルギーは大幅に成長しており、この傾向は今後数年間続く可能性があります。太陽光発電システムのインバータシナリオにおいて、バス電圧/電流/温度検出、コンパレータ回路と過電流保護、タイミングとシェーピング回路、DSP/FPGA電圧とドライバ通信、DSP/FPGAの電圧監視などはアナログチップを多用してきました。


エネルギー貯蔵

エネルギー貯蔵技術は、新エネルギー産業革命の中核と言えます。エネルギー貯蔵システムには、ポータブル電源、集中エネルギー貯蔵、新エネルギー充電パイルが含まれます。集中型エネルギー貯蔵は、大電力で長期的な電力供給のために送電網に接続されています。電力の主要なネットワークの運用管理と調整において、調整可能、制御可能及び計画可能である能力を効果的に改善する必要があります。エネルギー貯蔵は、「電線」による制限を排除し、さまざまな電化製品に長時間電力を供給する、軽量かつポータブル、大容量、高出力の「予備発電所」であります。屋外旅行、緊急救援及び医療機器の電源の分野で重要な役割を果たしています。ポータブル電源、集中型エネルギーストレージには高精度オペアンプ、高電圧汎用オペアンプ、高電圧コンパレータ、レベル シフター、電圧基準源、LDOなど一連のアナログチップが広く使用されるようになります。


「新しいインフラ」と新エネルギー車の市場シェアの増加により、新エネルギー車の充電パイルの建設が促進され、新エネルギー車を使用する過程での利便性が大幅に向上し、同時に新エネルギーによって新エネルギー充電パイルの技術革新が促進されます。高電圧リーク検出、CP/CC検出、電圧/電流/温度サンプリング、充電ガンの液体冷却、及びAC/DC充電パイルのコネクタ温度検出には、さまざまなアナログチップが使用されています。


图片3.jpg 


江蘇潤石が国内の自動車グレードのアナログチップ市場をリード

自動車グレードの電子部品には、環境、耐振動性と耐衝撃性、信頼性と一貫性に関する厳しい要件があり、チップの設計、製造、パッケージング、及びテストに関しても非常に厳しい条件があります。新エネルギー車の顧客のニーズを満たすために、江蘇潤石は自動車グレードの製品の研究開発と生産を全力に促進し、世界一流の車載グレードメーカーのNXP及びTIと同じレベルの製造プロセス、材料、関連プロセスを採用しました。IATF16949認定を持ち、国際Tier 1の自動車電子機器大手メーカーへの製造経験を持つウェーハ及びパッケージングメーカーと協力を深め、AEC-Q100準拠の自動車グレードの製品を取り入れています。2022年には20を超える材料が認証試験に合格すると予想されており、RS622、RS722Pを含む品番は早くても4月に認証完成する予定です。


AEC-Q100は、電子部品評議会(AEC)によって策定された規格です。AEC-Q100は1994年6月に最初に発表されました。数十年の発展を経て、AEC-Q100が自動車用電子機器システムの一般的な基準となりました。自動車用電子部品では、AEC-Q100が最も一般的なストレステスト(Stress Test)認定規格です。AEC-Q100は、主に車載用集積回路製品向けに設計されたストレス試験規格で、製品の信頼性と品質保証を向上させるために非常に重要な規格です。AEC-Q100は、さまざまな状態や潜在的な障害状態を防止し、チップごとに厳密な品質と信頼性の確認を実施するためのもので、特に製品の機能と性能に関する基準規格テストを実施するためのものです。


新エネルギー車の分野では、江蘇潤石は国内の他のアナログチップメーカーよりも速い時期に布石を行い、現在、BYD、Inovance、Inbor、Neusoft Group、Zhixin Controlなどの多くの有名なメーカーと深い協力関係を結んでいます。


同時に、新エネルギー車の電子供給のハードル要件を満たすために、江蘇潤石は、国際的な独立した第三者試験、検査、及び認証機関であるTÜV Rheinlandが主導するISO26262機能安全プロセス認証システムを実施しています。ISO26262は、自動車製品のライフサイクル全体をカバーし、系統的障害及び偶発的なハードウェア障害によって引き起こされるリスクを許容範囲内に制御することを目的とした、世界的に認められた自動車用機能安全規格です。ISO26262機能安全認証は、電子部品のサプライヤーは自動車業界へ参入するための入場券になっています。 


江蘇潤石について

江蘇潤石科技有限公司は、高性能、高品質のアナログ/ミックスドシグナル集積回路の研究開発と販売に重点を置いたハイテク半導体企業です。主な製品には、シグナルチェーンオペアンプ、コンパレータ、アナログスイッチ、データコンバーター、レベルシフター、電圧基準源、ロジックデバイスなど、電源管理リニアレギュレーター、DC/DC、ロードスイッチ、リセット、モータードライブなどの製品があります。産業用制御、新エネルギー、自動車用電子機器、医療機器、セキュリティ監視機器、計装、スマートホーム、民生用電子機器、情報技術応用革新などの分野で広く使用されています。


江蘇潤石は、産業用電子機器、新エネルギー、自動車用電子機器、モノのインターネット、医療用電子機器、消費者向け電子機器の製品の研究開発と設計に取り組んでおり、現在、複数の種類のチップの設計と開発を完了しています。2017年から、江蘇潤石の各シリーズの製品は、新エネルギー、自動車用電子機器、産業用制御システム、医療機器及び計装、セキュリティ/火災/監視システム、計装、スマートホーム、白物家電、電動工具、スマート電源システム、5G通信システム、光学モジュール、カーネットワーキング、民生用電子機器など多くの分野で使用されています。


江蘇潤石は、比較的成熟した国内外市場の営業体制と健全で完全な営業前、営業中、営業後の技術サポート 体制を徐々に形成し、国内外の各業界の顧客にサービスを提供しています。迅速な対応体制を整え、顧客のニーズ、市場の見通し、業界の動向を素早く見極めます。江蘇潤石の製品を大量に採用する業界ブランド会社が多くなりました。中でも、BYD、Inovance、Hikvision、Samsung、HARMAN、TCL、Inbor、Neusoft Group、Littelfuse、Zhixin Controlなど世界的に有名なブランドがあります。2021年には売上が前年比2倍の2億元を超え、2022年も急成長を続けると予想されています!