+86-755-23595309

新呉インタビュー | 江蘇潤石:「中国のチップ」を作り、潤石のチップを世界の電子製品の隅々まで躍動させよ!

2021-07-29
訪問数:1916
ソース:

現在、中国は世界的な電子情報製品の製造拠点であり、世界最大かつ最も急速に成長している集積回路市場です。2020年、わが国の集積回路の売上高は8848億元に達し、平均成長率は20%で、同時期の世界産業の成長率の3倍です。国の工業食糧として知られるチップは、あらゆる設備の「心臓部」であり、その重要性は計り知れません。現在、世界はチップ不足のジレンマに陥っており、民生用、産業用、自動車用など様々な分野で国産チップの代替品が求められています。


新呉の独占インタビューの第36号では、江蘇潤石科技有限公司(江蘇潤石と略称) にアプローチして、チップの不足によってもたらされる国内の代替機会にどのように対処し、チップの国産化を支援するかを見てみましょう。


图片1.png 


実力で足場を固める

2014年に設立された江蘇潤石科技有限公司は、高性能、高品質のアナログ及び混合信号集積回路の研究開発と設計に重点を置いたハイテク半導体企業です。

 图片2.png


江蘇潤石科技有限公司 創設者の張明

「北京大学で博士号を取得し、12年以上の研究開発経験があり、シグナルチェーン製品の設計が得意で、潤石シグナルチェーンプロジェクトチームの責任者である。」

 

張明氏は「無錫ハイテク区の半導体産業の起業家環境は、中国で他に類を見ないものです。同時に、業界に対する政府の高い関心と強力な支援と一致しているため、潤石が無錫に設立することは当然のことです。」と述べました。



張明氏は、江蘇潤石がアナログ/ミックスドシグナル チェーン製品から始まったことを紹介し、その主な製品には、精密オペアンプ、高速オペアンプ、汎用オペアンプ、低ノイズ オペアンプ、マイクロパワーオペアンプ、マイクロパワーオペアンプ、コンパレータ、アナログスイッチング、電源管理、データコンバータ、レベルシフター、電圧基準源などなどがあります。高性能アナログシグナルチェーン設計能力を持つ企業として、潤石の製品ラインは、産業、医療、セキュリティ、防火、計装、交通などに適性がよく、オペアンプ、コンパレータ、アナログ スイッチ、LDOを含む製品が幅広く使用されています。


图片3.png


江蘇潤石は、半導体業界の各細かい分野に深く関与しており、Littelfuse、Panasonic、Nidec、Midea、TCL、Konka、Changhong、Inovance、HIKVISIO、BYD、Xuji、Kangtai、Hytera など国内外で知られている企業と協力し、先駆的かつ革新的に前進していきます。


インタビューによると、江蘇潤石の製品は独立した研究開発に基づいており、現在50以上の発明特許、実用新案特許、及び集積回路レイアウトを持っているそうです。さらに、潤石はまた、新ハイテク区有能起業家プロジェクト、江蘇省信用標準企業、2020年「アナログ半導体会議」の中国アナログ半導体優秀企業賞、及び2020年「ハードコア中国チップ」国内アナログ回路チップ製品ベスト賞を受賞しました。


图片4.png

图片5.png

图片6.png


 


国産チップが新たな突破口を迎える

過去数年間、世界の半導体サプライチェーンは大きな課題に直面しており、各種類のチップの供給が非常に逼迫しています。困難に直面している江蘇潤石は、ハイテク区の良好な集積回路産業環境を頼りに、上流と下流の有利なリソースを統合し、チップの国産化を促進することに力を注いでいます。IoTセンシング、医療用電子機器、産業用電子機器、民生用電子機器など、さまざまな種類のチップ設計と開発を完了しています。



同社の核心チームメンバーのほとんどは、ファブレスチップ設計業界で豊富な経験を持ち、R&D及び設計からテープ アウト、パッケージング、テストに至るまで、チップ製品に関する明確な理解と豊富な経験を持っています。徹底した研究開発設計基準と品質管理体制を確立することで、チップの性能レベルを確保し、同等以上の品質のチップ製品を低コストで実現するよう努めています。


图片7.png 


信頼性試験に関しては、江蘇潤石は国際先進メーカーの大量生産信頼性試験方法を採用し、製品PPMレベルの故障率を確保しています。アナログチップの高度な性質は、主に回路性能パラメータの改善に反映されています。たとえば、赤外線温度計に使用されている江蘇潤石の高精度オペアンプRS855XシリーズとRS852Xシリーズは、精度と信頼性の点で国際メーカーよりも優れています。



国内の人件費が安く、市場規模が大きく、同じ条件の下では、国産のチップの方が競争力があります。現在、国内のチップ市場は急速な成長段階にあり、江蘇潤石の過去2年間の注文量は非常に多く、発展の見通しはかなりのものです。「過去にトップの顧客と協力したいときは、ブランドの認知度とアプリケーションの機会を得るために一生懸命努力しましたが、今ではトップのベンチマークの顧客は喜んで国内ブランドを受け入れ、国内ブランドにチャンスを与えてくれます。」張明は変化について語りました。張明氏は、「同時に、米国のLittelfuse、日本のPanasonicやNidecなどの大手外国メーカーも、私たちと協力することを望んでいます」と述べました。



江蘇潤石科技有限公司 創設者 張明

「近年、半導体の発展に伴い、国内の技術はますます成熟しており、安全性と信頼性の面では海外とほとんど違いがありません。さらに、潤石は近くのサービスという場所の利点があります。サービス品質と社会体制も顧客により近く寄り添い、多くのユーザーの問題点とニーズを満足し、多くの忠実な顧客を獲得し、事実上顧客成就度を向上させます。」


未来を見据えて着実に進める

設立当初、江蘇潤石は「地元に根を下ろし、世界にサービスを提供する」という企業戦略を立てました。最近、江蘇潤石は、世界的な電子部品営業業者であるDigi-Key Electronicsと代理販売契約を結び、Digi-Keyを通じて潤石のあらゆる種類のアナログIC製品を世界中に届けるようになったことを発表しました。この協力は、海外のエンジニアと購入者がDigi-Keyを通じて江蘇潤石の製品をより迅速に理解し、タイプの選択と調達を迅速に実現できることを意味します。これは、江蘇潤石が海外市場に立ち向かうための重要なステップでもあります。


图片8.png 


「潤石のチップを電子製品の世界の隅々まで躍動させよう」とい発展使命を堅持し、世界一流のアナログチップ起業を目指しています。江蘇潤石の創設者として、張明氏はここ数年江蘇潤石の発展と躍進を目の当たりにしました。現在、同社の顧客は全世界で1,000社以上を超えており、業績も順調に伸びており、昨年は売上8,000万元を突破し、今年は2億個の目標に向かって邁進していきます。


未来を見据えて、張明氏は、これからの三年~五年間に潤石を上場させ、新たな段階に入ると表明し、同時に、潤石が「自主革新、品質至上、団結協力、顧客成就」という核心価値を揺ぎなく貫き、自身の技術レベル、研究レベル、生産能力を継続的に強化し、新たな市場チャンスを迎え、より競争力並びによい市場見通しを備えたアナログ/ミックスドシグナルチップ製品を開発し、顧客とともに、発展して輝かしい未来を作ろうと述べました。